スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清算事業年度に課税売上がない場合の消費税申告

清算事業年度中は、事業の運営は終わっており売上計上がなく、換価できる財産はすべて解散前に売却してしまっていることがあります。すると、清算事業年度中に消費税の世界での『課税売上』がゼロであることも想定されます。
しかし、清算するにあたり、各種の費用が発生し、支払時にいわゆる『仮払消費税』を支払うことがあります。

【清算事業年度に課税売上がない場合の消費税還付申告の可否の疑問】
《前提》
 ・当社は免税事業者ではない。
 ・当社の清算事業年度中の『課税売上』がない(ゼロ)。
 ・当社の清算事業年度中に『仮払消費税』が100万円発生した。

《疑問》
 消費税の還付申告をして、消費税額の還付を100万円受けることができるか?

【疑問の検討】

消費税法45条1項(消費税の確定申告書の提出についての規定)
「事業者(第9条第1項本文の規定により消費税を納める義務が免除される事業者を除く。)は、課税期間ごとに、当該課税期間の末日の翌日から2月以内に、次に掲げる事項を記載した申告書を税務署長に提出しなければならない。ただし、国内における課税資産の譲渡等(第7条第1項、第8条第1項その他の法律又は条約の規定により消費税が免除されるものを除く。)がなく、かつ、第四号に掲げる消費税額がない課税期間については、この限りでない。

下線の「ただし書き」を要約しますと、
『課税売上がなく』かつ『納付税額がない』場合は、申告書の提出義務はない!となります。

提出義務がないのに、申告書を提出して『仮払消費税』相当額を還付して貰えるのか?

消費税法46条1項 (還付を受けるための申告)
「事業者(第9条第1項本文の規定により消費税を納める義務が免除される事業者を除く。)は、その課税期間分の消費税につき前条第1項第五号又は第七号に掲げる金額がある場合には、同項ただし書の規定により申告書を提出すべき義務がない場合においても、第52条第1項又は第53条第1項の規定による還付を受けるため、前条第1項各号に掲げる事項を記載した申告書を税務署長に提出することができる。

下線の「ただし書き」を要約しますと、
控除できなかった『仮払消費税額』は、消費税法45条1項ただし書きにて申告書の提出義務がなくても、申告書の各項目を記載して提出出来ますよ!となります。

最後に消費税法52条1項を見ておきます。
消費税法52条1項(仕入れに係る消費税額の控除不足額の還付)
「第45条第1項又は第46条第1項の規定による申告書の提出があつた場合において、これらの申告書に第4条第1項第5号に掲げる不足額の記載があるときは、税務署長は、これらの申告書を提出した者に対し、当該不足額に相当する消費税を還付する」

この条文を要約しますと、申告書の提出義務がなくても、『課税売上』に係る『仮受消費税額』から『仮払消費税額』を控除出来なかった不足税額は、46条1項により所定の申告書を提出すれば、不足税額を還付します!となります。

という訳で、今回の疑問の答えは、100万円の還付を受けることができるように思えます。

しかし、重要な検討事項として、『課税売上割合』の問題が残っています。

『課税売上割合』が95%未満になりますと、『仮払消費税額』を全額控除できず、『一括比例方式』では、『仮払消費税額』×『課税売上割合』の額(=仕入控除税額)しか控除できません。
今回の例ですと、課税売上がゼロですので、『課税売上割合』もゼロとなってしまいます。。。そのため、『仮払消費税額』×ゼロ=ゼロとなってしまい、『仕入控除税額』がゼロとなってしまい、還付される消費税額は、ありません。

そこで、以下の方法から、対応を検討することになります。

1.事前に『課税売上割合に準ずる割合』の承認申請を受けておく。

2.『一括比例方式』ではなく、『個別対応方式』での申告を選択し、『個別対応方式』での申告上、明らかに『課税売上対応』の『仮払消費税額』のみを還付対象とする。

3.運を天に任せ、1円でも『課税売上』が発生することを祈る(清算事業年度にて、備品売却などがあれば、課税売上が発生します。ある程度のスケジューリングも可能でしょう)。



なお、『個別対応方式』における『課税売上対応の仮払消費税額』は、その範囲の取扱がはっきりしていないところです。理論的には、売上に対応する売上原価となる仕入のみが『課税売上対応の仮払消費税額』になってしまいます。つまり、販管費の仮払消費税額は、よほど課税売上と紐付けできない限り、『共通対応』となってしまいます。

【疑問の結論】
原則、還付を受けることはできますが、『課税売上割合』への対応次第となります。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://zeimunoyama.blog48.fc2.com/tb.php/43-28fd38f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。